ヨーロッパ旅行記@2019 その4

 

どーも三遊亭コミュ障です、今回はヨーロッパ旅行最終回について書いてきます

 

 

 

切符を買うのに大苦戦

 

とりあえず電車の乗り方が書いてあるブログを読みつつ券売機に行きました、行ったはいいが何やら空気が芳しくない

 

 

 

 

観光客のみんなが券売機の前でチケット買おうとしてるんだけど、なんだか上手くいってなかった、実際ほなるどもやってみたけどクレジットカードの決済が出来ない

 

クレカを入れてまでは行くんだけどどーしても弾かれて買えない、これはほなるど以外の人も同じ症状でみな困惑

 

さてどーしたものかと思いながらブログを読んでると券売機の近くにコンビニがあり、そこで近距離のチケットが買える的なことが書いてあったので行ってみたら

 

無事に買えましたー

 

とりあえずホームに向かうとモスクワの空港と市内を繋ぐ電車みたいなやつが止まってたので乗りました

 

 

 

景色はのほほーんとしてますね、この辺もモスクワと似てる気がする()んで中央駅に着いたんでプラプラと街ブラしました

 

 

 

くっそ寒かったですね、プラハも寒かったけどもう1段寒かったワルシャワ!

 

 

 

 

もー来ねーワルシャワ

 

 

 

 

これが最初の感想()

 

 

 

 

とりあえずやたらとでっかい建物がデーンとあってそれ以外は特にこれといったものもなく空が広いって印象

 

 

 

 

腹が減ってきたのと寒さでどっかでブレイクしたいなと思ってたらケバブ屋があったので適当に選んで食いました、あのねとりあえずデカすぎ()

 

あとは旧市街に向けてひたすら街ブラしました、何かのイベントの準備みたいなのとかがそこかしこでやってましたね

 

 

 

 

 

 

 

中央駅から約1時間ぐらい歩ってよーやく世界遺産の旧市街に到着しました、旧市街には広場がありそこでカフェがあったり芸を披露したり露店を開いてたりとまったりゆっくりな時間が存在してました

 

 

 

 

 

 

 

 

石畳の公園って感じですね

 

 

 

 

そんなの広くないのでゆっくり歩きながら近くにあった教会へ行ってみました、まさに厳かな雰囲気というのが似合う空間でした、日本の神社とはまた違う感覚がありとてもいい経験をさせてもらいました

 

 

 

 

 

そこからワルシャワ王宮へ行きました、その日は何やらイベントをやっていました、まーまーの人だかりで動くのに難儀しましたね、各国の大使みたいな人も招待されてたので大切なイベントなんでしょう

 

 

 

 

そろそろチェックイン時間になりそうだったのでホテルまで街ブラしました、音楽には全く興味がないのでショパン博物館はパス

 

 

 

 

 

 

 

 

ワルシャワ最初の飯は

 

チェックインしたらめっちゃ広かったです1人では広すぎるぐらいでしたね、ちょっと休んでホテルの近くのイタリアンに行ってパスタを食いましたが全然味がしなかったです、店員さんが可愛かったのでOK

 

 

 

飯を食い終わったら地元のコンビニみたいなところで飲み物と軽い食事を買ってホテルに戻りました、ベッドの上でボケーっとしてるといつの間にか寝てしまい朝になってました()

 

ここで疲れが出たのと体調の悪さが相まって限界を迎えたってことでしょう、起きてみると体もスッキリしてたのでいい休養になりましたね

 

起きてとりあえず昨日のうちに買っておいた食い物を食べて、腹を満たしてシャワーを浴びてまったりしたらワジェンキ公園まで歩きました、何をするわけでもなくただ街ブラですね、こーゆう時間が好きなんです

 

 

 

 

 

 

 

ワジェンキ公園でも何かイベントがやってました、そこでキリスト教徒の人に会いました名前は忘れましたが好感を持てる人でしたね

 

 

 

そこでキリストの教えについてお話をしてもらいましたがサッパリわかりませんでした、ただ彼がイケメンであることは理解できたのでよかったですね

 

 

 

 

それから次の目的地のヴィラヌフ宮殿に向かいました、歩いて街ブラですねここも、日本大使館が途中でありましたが誰もいなさそうな雰囲気でした

 

 

13時ぐらいに着いてチケットオフィスに行くと15時から入れるチケットをもらったので昼飯にしました、やっぱり肉とビールでしょう!体力勝負です観光は

 

 

 

飯食ってまったりしてたら時間になったのでヴィラヌフ宮殿に向かいました、クロークに上着を預けて宮殿内のゲートを通過していざ宮殿へ

 

 

 

どうも上着の着用はダメのようです

 

1時間ぐらいで宮殿内を見学してUberでホテルまで帰りました、調度品や絵など色々ありましたがいい暮らししてたんだなーってのがよくわかりました

 

 

 

ワルシャワで寿司を食う

 

さすがに歩き回って疲れたので軽く一眠りして起きたらヨーロッパ最後の晩飯に出かけました、せっかくなんで日本食でも食べますかってことで現地のお寿司屋さんに行きました

 

 

 

 

とりあえずビールを飲んで他のお客さんのお寿司を見てるとカリフォルニアロールはあるにしても、握りの寿司の見た目は日本の寿司じゃんって感じでした

 

 

次にワインを注文したらほなるどが注文した寿司が到着しました、見た目素晴らしい味もいい、特にイクラが美味しかったですね

 

 

お腹いっぱいいい気分になりお会計したらしたら7,000円ぐらいだったかな、美味しかったのでOKでしょう

 

 

フランクフルトを経由して帰国の途に

 

近くの地元のコンビニでビールを買ってホテルで軽く一杯やって寝ました、朝の3時過ぎに目覚めてシャワーを浴びて忘れ物がないか調べたらUberを呼んでチェックアウト

 

ホテルを出てUberとの待ち合わせ場所まで歩いてる最中に地元の若い女の子2人組が酔っ払ってテンション高く帰路についてるところに遭遇しました

 

 

きっと楽しい夜だったんでしょうね、早朝にはうるさい声であーだこーだ話してる女の子2人組、片方の女の子が何を思ったか急に着てた服を捲り上げておっぱいを露出しました

 

当然、えっと思ったのと同時に

 

もう1回お願いって思いながらiPhoneUberの画面からカメラ画面に変えようとしましたが、さすがにそこは理性が勝りカメラアプリを起動しました

 

そーしたら楽しそうに女の子2人組はどこかへ行ってしまいました、もしかしたら夢だったのかな⁉︎ちょっと寝ぼけてたのかもしれないなと思ってハッとしてUberとの待ち合わせ場所に向かいました

 

どこだっけなーって思ってiPhoneを見たらカメラが起動してたのでなんとも幸せな気持ちになりました、Uberのドライバーと落ち合って空港に向かいました

 

 

 

何ごともなくチェックインして飛行機でフランクフルトに向かい、朝食を食べてラウンジで時間を潰したら北京へ向かいました

 

 

 

フランクフルトへ

 

 

ドイツといえばパンとコーヒー

 

 

 

 

 

北京で3時間ほどのトランジット、北京の空港WiFiを使う際に普通に接続するとSMS認証を求めらます、SMSがたぶん中国の電話番号を持ってないと届きません

 

 

そんな時はこーゆう機械手荷物検査場を出たところに置いてあるのでパスポートをスキャンするとWiFiのパスワードを発行してくれます、時々接続が切れますが無いよりはマシってことでオーケーでしょう

 

 

ラウンジで特に何も食べずネットを見ながら暇をつぶしてました、本当にインターネットやスマートフォンは偉大です

 

 

こんな最高の暇つぶしツールはないでしょう!

 

 

時間になり搭乗して無事に日本に戻ってきました、10日間と過去最長の旅行となりましたが大きな病気や怪我もなく帰ってこれたので満点

 

 

 

 

 

ws

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事