ガンガーラの谷

どーも三遊亭コミュ障です、今回は沖縄旅行で行ったガンガーラの谷について書いてきます

 

 

基本情報

 

 

住所:沖玉城前川202

 

 

営業時間:9:0018:00、ツアーに参加する場合は前日の17時までに予約を完了する必要があります

 

 

定休日:年中無休

 

 

料金(1名分):大人2,500円、学生(中学生以下)1,500(要学生証)

 

 

HP:http://www.gangala.com

 

 

ガンガーラの谷とは

 

 

 

 

数十万年前までは鍾乳洞でしたが崩落が起こり現在のような自然豊かな森になっています、見所は日本人のルーツなのではないかと言われる港川人の生活環境や大主(ウフシュ)と言われる大きなガジュマルの木などです

 

 

それと子宝を願う場所としてイキガ洞、イナグ洞や木や花や独特の自然などがあります

 

 

1972年に観光地として公開されましたがその数年後に谷内を流れる川上流から畜舎排水が流れ込むという汚染問題が起こり、直ちに公開が中止になりました

 

 

そして30年後の2008年に河川環境の回復がなされたとの判断から再開され、今のような予約制のガイドツアーの形になっています

 

 

行き方

 

 

那覇市ないから車で3040分程度で行くことができます、カーナビを利用して「おきなわワールド」と入力するといいでしょう

 

 

モノレールや路線バスを利用してくることも可能ですが、車がベストの選択だと思います

 

 

遺跡の発掘調査

 

 

 

 

今でもこのガンガーラの谷では遺跡の発掘調査が至るところで行なわれています、ブルーシートなどがかけてある場所が所々見受けられその場所から色々な土器や石器などが発見されているそうです

 

 

ケイブカフェ

 

 

 

 

ガンガーラの谷の入り口です、鍾乳洞をそのまま利用したカフェになってます、ケイブカフェの中は自然の冷房みたいにひんやりしていて非常に過ごしやすくなってます

 

 

カフェと言うだけあってコーヒーなどを飲めたり、夜間にはパーティなどを催したりもするそうです

 

 

太古の気分を味わいながらのパーティなんてとても乙なんじゃないでしょうか

 

 

出発前

 

 

 

 

ケイブカフェでガンガーラの谷の観光時間まで待機して予約した人たちの名前が読み上げられます、それから少し離れた古屋に移動して出発前の連絡事項や

 

 

ガンガーラの谷の歴史などについてレクチャーを受けます、それからガンガーラの谷に向けて出発って形になります

 

 

さんぴん茶の無料サービスもあります

 

 

トイレはガンガーラの谷にはないので事前に済ませておくようにしましょう

 

 

大自然

 

 

 

ガンガーラの谷についてのレクチャーを受けたらガイドさんを先頭に出発します、出発地となるこの場所の近くからは土器などが発見されていて現在もなお発掘中です

 

 

 

 

 

説明を受けていた古屋の裏手からガンガーラの谷の冒険は始まります、まずは特有の大自然が皆さんをお出迎えしてくれます

 

 

 

 

 

どの場所も引き返してくることはない1度きりの場所なので、写真や動画などに収めておくのがいいと思います

 

 

 

 

イナグ洞(女性)

 

 

 

 

イナグは女性を意味する沖縄の言葉だそうです、ツアーとして歩いてる道から階段で上がった場所に穴がありその穴の中に乳房や臀部の形をした鍾乳洞があるそうですが

 

 

 

これが例の穴

 

 

一般には公開されていません、ガイドさんが写真で教えてくれます

 

 

 

 

イキガ洞(男性)

 

 

イキガとは沖縄の言葉で男性を意味します、ガンガーラの谷の2大スポットと言っていいんじゃないでしょうか

 

 

 

 

イキガ洞内は暗いのでランプを入り口でもらって中に進んでくことになります、進む距離は正味数十メートルと言ったところです

 

 

 

 

そしてイキガ洞は男性を意味する言葉と言いましたが、奥にあるのが男性のシンボルのポコチンの形をした鍾乳洞です

 

 

 

 

触れるらしいですが誰も触ってなかったですね

 

 

ガンガーラの谷の名前の由来

 

 

このツアーでは不思議な名前ガンガーラの谷という名前の由来を教えてもらうことができます、ツアーの大体半分ぐらいの場所で人工的にできたトンネルで教えてくれます

 

 

 

 

すぐ近くには車も走ってて現代と太古の融合とでも言ったところでしょうか、是非このツアーに参加してガンガーラの谷の名前の由来を

 

 

 

 

ガイドさんから直接聞いてください

 

 

 

 

大主(ウフシュ)ガジュマル

 

 

ガンガーラの谷のツアーのハイライト、メインスポットと言ってもいい大きくそびえたったガジュマルの樹を見ることができます

 

 

 

 

推定樹齢は150年ほどだそうです、圧巻としか言いようがないこの神々しい姿を見るだけでも価値があると思います

 

 

ツリーテラス

 

 

ガンガーラの谷のスタッフが手作りで作ったツリーテラス、ここからの眺めはガンガーラの谷とは一線を画しまた違った気分にさせてくれます

 

 

 

 

さとうきび畑や海などが見れる秘密基地

 

 

 

 

そんな心躍る場所になってます、このツリーテラスで心地いい風を感じられるのは至福の瞬間と言ったところでしょう

 

 

港川人が発見された場所

 

 

ツリーテラスの次がガンガーラの谷の最後のツアースポットの港川人が発見された場所では、どう言う風な状況で発見されたかなどを説明してくれます

 

 

 

 

 

 

2万年前の人達に想いを馳せながら現代の人の話を聞くなんて、めっちゃ洒落てると思うんですけどね

 

 

 

 

 

あとがき

 

 

大体ガンガーラの谷は8090分ぐらいのツアー内容です、歩く距離や段差はそこまでないので参加しやすいツアーになってるんじゃないでしょうか

 

 

個人的にはめっちゃパワースポットってよりも、癒やしの場所と言った印象を受けました

 

 

自然の中を散歩する感じなのでそーゆう風に思ったんじゃないかなってのもありますし、目玉スポットが人工物じゃないのがいいのかなって

 

 

自然なものゆえガツンってパワーよりほわーんとした感じっていうんでしょうかね、マッサージじゃなくて風呂に浸かってるみたいなイメージなのかな

 

 

時にはこーゆう自然に浸るのも決して悪いもんじゃないなと思えた時間でした

 

 

ws

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事