すし てんちじん@すすきの

すし てんちじん@すすきの

 

 

訪問日:2021/10/16

 

 

住所:北海道札幌市中央区南4条西5-8 F45ビル地下1

 

 

営業時間:17:0024:00

 

 

定休日:日祝

 

 

痛風飯が食いたい

 

 

その一念のもと降り立ったのは北の大地の北海道、俺たちの新千歳空港からバスで市内に向かい友人に会って1杯やって

 

 

色々話して解散、再度予約時間にてんちじんさんの前で集合していざお店へ

 

 

螺旋階段を降りていき左側にお店がある、重厚な扉を開けると通りからカウンターが見える

 

 

先客のグループが終わり席に案内されてSHOW TIMEのはじまり

 

 

さばの棒鮨

 

 

 

 

大葉と新生姜とゴマをミックスした棒鮨に海苔を巻いた1

 

 

大葉のアクセントとさばの旨みが合わさってめちゃくちゃ美味い、さばの棒鮨を食べた瞬間に今日の勝ちは決まった

 

 

ある人の言葉を借りれば勝ち確

 

 

ガリ

 

 

 

 

新生姜を甘酢に漬けたので酸っぱさは最初の方だけでさっと消えて口直しにベスト

 

 

クエ

 

 

 

 

食べた時の食感というのか歯応えが抜群にいい

 

 

そして何よりこの出汁が素晴らしい

 

 

言葉で表すと恍惚

 

 

迷いカツオ

 

 

 

 

赤身の部分と脂身との部分のバランスが良く赤身でしっかりして脂身で溶ける

 

 

1度で2度美味しい

 

 

水タコ

 

 

 

 

いつも食べてるようなタコの食感ではなく柔らかく噛みやすいので顎に優しい

 

 

ただタコの硬さの感じを最後に残してる秀逸さ

 

 

しいたけと鮑

 

 

 

 

鮑のコリっとした食感とソースを感じながら食べる美味

 

 

この後にシャリ&ブラックペッパーの組み合わせが襲来

 

 

 

 

ブラックペッパーが神がかり的にいいアクセントになり美味すぎた

 

 

すずき

 

 

 

 

軽く漬け

 

 

純粋な魚の美味しさが出てていい

 

 

奥深い味わい

 

 

ホタテ

 

 

 

 

ネタの上に貝柱を粉末にしたのが乗ってる

 

 

ぶりんぶりんでさっぱりとした食感

 

 

大振りだけど口の中に入れるとそれを感じないとこが不思議

 

 

ます

 

 

 

 

まずは甘さが凄くいい

 

 

口に入れて溶けるのかなと思うとちゃんとまだそこにいる

 

 

猫と犬を足して2で割ったようなお寿司

 

 

中トロ

 

 

 

 

思い描いていたお寿司を体現した1

 

 

これぞお寿司

 

 

ボタンえび

 

 

 

 

甘エビを乾燥させた粉末をトッピングさせた贅沢なえび

 

 

濃厚な味わいでとにかく濃い

 

 

幸せだなって思える瞬間

 

 

イカとバフンウニ

 

 

 

 

お互いの良さを相殺してしまわないで強調するところがいい

 

 

日本を表したお寿司

 

 

ウニの変なえぐみがなくて好き

 

 

にしん

 

 

 

 

上にエシャレットが乗っかっててこれが絶妙なアクセントで口の中に広がって何とも言えない美味しさを醸し出す

 

 

このエシャレットのひと手間がすごい

 

 

芸術

 

 

ぶり

 

 

 

 

ぶりの甘さと美味しさを全力タックルで仕掛けてきたお寿司

 

 

正座する

 

 

白子

 

 

 

 

今年はちょっと早いくこの時期に食べれたのはラッキー

 

 

イケメン感満載のフォルムと濃厚さで

 

 

コロッとやられてしまった

 

 

あなご

 

 

 

 

超変態的うまさの穴子

 

 

美味しい美味しいしか出てこない

 

 

TKG

 

 

 

 

日本が誇る神ご飯ことTKG

 

 

うに、いくら、カニ、マグロ、あかもくとたくあん

 

 

各々食べた後にグルングルンかき混ぜて食べたら椅子からひっくり返るんじゃないかってほどの美味さ

 

 

これを超える物なし

 

 

味噌汁

 

 

 

 

ここにきてほっこりとさせてくれる味噌汁

 

 

お酒で痛めた肝臓を労る感じ

 

 

玉子

 

 

 

 

ふわっとしっとり甘すぎず穏やかな気持ちになれる

 

 

赤身

 

 

 

 

追加でお願いをした赤身

 

 

しっとりとして寿司は赤身だよと勝手に知った口を聞きたくなるぐらい美味い

 

 

寿司っていいよねって黄昏れる

 

 

ししゃも

 

 

 

 

TKGを超えるものはないと思っていたが最後に出会えた

 

 

素晴らしいとしか言えない言葉にできない

 

 

食べてくれとしか言えない

 

 

10月頃の3週間ほどしか食べれないレアな時期にこれて自分の運の良さを改めて実感

 

 

ビール

 

 

 

 

札幌に来たらクラシック

 

 

王道

 

 

吟風

 

 

 

 

痺れるくらいビリビリくる攻撃的な日本酒

 

 

テンションの上がるお酒

 

 

日高見

 

 

 

 

さらっと飲みやすくフルーティ、最後にクッとくるのがまたオシャレ

 

 

山本

 

 

 

 

あっさりさっぱりで飲みやすい

 

 

気をつけないと飲みすぎちゃう

 

 

尾瀬の雪解け

 

 

 

 

パンチを効かせてくるお酒なんだけどスッキリな飲みごたえ

 

 

めちゃくちゃ貴重なししゃものお寿司を食べることができたこともだが、このお店に出会えたことも最高だった

 

 

コスパだけではない大将の心意気が素晴らしかった

 

 

また必ず訪れたい

 

 

ws

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事