鮨 浩也@新橋

鮨 浩也@新橋

 

 

訪問日:2021/11/7&2021/11/28

 

 

住所:東京都港区浜松町1-9-2 E-GAMIビル1F

 

 

営業時間:18:0020:30の二部制、12:00(日曜限定)

 

 

定休日:不定休

 

 

新橋から歩いて15分ほどのところにあるお店の鮨 浩也産にお邪魔してきた

 

 

今日はどんなお寿司や美味しいものに出会えるのかと思うと自然と足取りも軽い、そして見事に道を間違えて若干走るハメに

 

 

それのおかげかお店に着いた時には腹が減りだして完璧な調整となった

 

 

まずはビール

 

 

 

 

山椒とエビスとCOEDO3種類の中からエビスをチョイス

 

 

こーゆう時はエビス

 

 

ガリ

 

 

 

 

酸味が柔らかくほんのりゆっくり酸味が浸透していく

 

 

サバの棒鮨

 

 

 

 

浩也さんの先発を任されるのはサバの棒鮨、目の前で炭で直に炙るスタイル

 

 

パリパリの海苔とサバの美味さがきてシャリの順番の鉄板的美味さ

 

 

お椀

 

 

 

 

甘鯛と水菜の組み合わせ

 

 

パリッと皮が焼かれてて香ばしさと鯛の甘さがブワッときたら最後に柚子で仕上げ

 

 

完璧な攻撃にノックダウン

 

 

すみいか

 

 

 

 

塩とかぼすのゴールデンコンビで柔らかいすみいかをサポート

 

 

噛みやすくすぐにどこかへ消えてしまった、シャリの酸味がばっちし

 

 

のどぐろ

 

 

 

 

のどぐろを潰すとシャリと出汁とが下にありリゾット風して食べる

 

 

 

 

ため息が出る美味しさ

 

 

表現する言葉が見つからない

 

 

小肌

 

 

 

 

食べた瞬間に消えたって感じで識別不能

 

 

美味かったのだけは覚えてる

 

 

2度目で酢が若干効いててすっきしな味で美味すぎ

 

 

漬け

 

 

 

 

赤身の漬けだけどそんなに漬けって感じでなくていい

 

 

赤身の味わいが最後に来て非常に食べやすい

 

 

漬けじゃないと言われてもわからない

 

 

迷い鰹

 

 

 

 

群れから離れてしまうから迷い鰹

 

 

普通の鰹より身の質がこちらの方がいいそうだ

 

 

素晴らしい歯応えと鰹の濃い味がさいこうにいい

 

 

大皿

 

 

 

 

かます、せり、ハタハタの魚醤そして最強にビジュアル

 

 

かますの味わいと薫香がなんとも言えない美味となって襲ってくる

 

 

至高の1

 

 

ほっき貝

 

 

 

 

肉厚で噛んだ時の歯応えが最高

 

 

決して硬いんじゃなく柔と剛を併せ持つ素晴らしいお寿司

 

 

かに

 

 

 

 

せいこ蟹

 

 

ドヤった感じが最高にいい、磯の香りが爆発してる

 

 

めひかりと椎茸のてんぷら

 

 

 

 

黄色いソースはニラ、このソースが美味い

 

 

当たり前なんだけどニラの味がほんのりして合う

 

 

めひかりがさっぱりした白身感で最高、椎茸も絶妙な歯応えと味わいがあって感動する

 

 

さんま

 

 

 

 

白ネギと青ネギをネタとシャリの間に挟んでいただく

 

 

甘さと肉感とシャキシャキとで口福としか言いようのない

 

 

たまらん

 

 

車海老

 

 

 

 

茹でるではなく揚げるというアプローチのエビ

 

 

ぶりんぶりんのかみごたえは損なわずキュッと固めたような食感で反則としか言いようがない

 

 

とろたく

 

 

 

 

とろとたくあんとウニ

 

 

この順番で襲いかかってこられ見事にKOされた

 

 

これはずるいし美味い

 

 

赤貝

 

 

 

 

ヒモをネタとシャリの間に挟んで食べると

 

 

んーしか出てこないめちゃくちゃ美味い、赤貝のお寿司は人生で初めて食べたけど最高

 

 

白子

 

 

 

 

鱈ではなくフグの白子

 

 

口に入れた瞬間には白子の美味しさがドバッと溢れて消えてった

 

 

ため息が出る美味さ

 

 

味噌汁

 

 

 

 

カニの風味をブワーっと広がる

 

 

ホッとする

 

 

ボタンエビ

 

 

 

 

こちらも揚げての提供

 

 

不味いわけないよね

 

 

玉子

 

 

 

 

ラストは玉子

 

 

 

 

なんだけど、ただそのまま食べるんじゃなくお酒と一緒にいただくスタイル

 

 

なんでもプリンになるとか

 

 

伯楽星

 

 

 

 

さっぱりした飲みごたえと重厚な感じがいい

 

 

さっぱり派としては満点のお酒

 

 

日高見

 

 

 

 

北海道でも飲んだ日高見だけどこっちの方がすっきり感がいい、最後にグッとくる感じがなくスラーっと流れてく

 

 

ヒーリング効果がありそう

 

 

ど辛

 

 

 

 

セクスィーな山本酵母を使ってる、セクスィーって時点でいい

 

 

ピリッときてスッと消えていく感じが最高

 

 

買おうかな

 

 

ばくれん

 

 

 

 

さいごにグッと効かせてくる別れ際の印象が残るお酒

 

 

素晴らしいお寿司やお椀を食べれて幸せなひと時を過ごした、お酒も80種類ぐらい用意されてるらしく

 

 

またお邪魔して色んなお酒をいただきたい

 

 

ws

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事