冨所@新橋

冨所@新橋

 

 

訪問日:2021/12/29

 

 

住所:東京都港区新橋6-13-3 1F

 

 

営業時間:11:30〜、17:00

 

 

定休日:不定休

 

 

新橋駅からも浜松駅からも徒歩10分ぐらいで着く、お店の外観には冨所の名前はなく入り口の横にちょろっとある

 

 

 

 

扉の存在を知らないとスルーしてしまうかも知れない、11:30ちょっと前にお店に着いて支度中の看板もなかったのでお店の中に入った

 

 

予約名を告げて席に通されビールを注文

 

 

ビール

 

 

 

 

ハートランドってのがまず最高、どこのお店でも出してほしい

 

 

嬉しくて2本飲んでしまった

 

 

すみいか

 

 

 

 

柔らかさと甘さがばっちし合っていて最高

 

 

その中にもちゃんと歯応えがあって美味い

 

 

シャリの酸味が強めなので合う気がする

 

 

さより

 

 

 

 

溶けるような感じとねっとりした食感が素晴らしい

 

 

溶けるって思うんだけど溶けないなんとも言えない感じ

 

 

◯◯鯛

 

 

 

 

ちょっと聞き取れなかった、たぶん鯛の部分はあってるはず

 

 

甘みと柔らかさとふんわり感をそしてちょっとエッジが効いている

 

 

見た目的にもいい

 

 

漬け

 

 

 

 

あっさり目

 

 

若干の酸味と濃厚な味わいが最高

 

 

とける

 

 

大トロ

 

 

 

 

脂がじゅわーっと口の中に広がる、決して嫌な感じではなく優しさで出来てる脂

 

 

バファリンか大トロかって感じ

 

 

わかんね

 

 

 

 

何も言わずに出されたので名前は不明

 

 

酢が長く余韻を残して印象派の感じ

 

 

はまぐり

 

 

 

 

噛み返しと磯の感じとツメが鼎となって味を支えてる

 

 

その味は当然の如く美味いである

 

 

シャリの酸味で最後の1変化を加えて終わる

 

 

完璧

 

 

めじ鮪

 

 

 

 

噛みごたえと主張しすぎない甘さがいい

 

 

そして香りが何よりいい

 

 

ただシャリとの相性はイマイチ、酢が強いシャリなのが個人的には合わなかった

 

 

しめさば

 

 

 

 

軽く締まっててスッキリ

 

 

シャリの締めとのサンドウィッチで反則級の攻撃を繰り出す

 

 

これはシャリとの相性は良かった

 

 

いくら

 

 

 

 

旨味がどかーんと口の中に広がる

 

 

パリっと感の海苔と合わさってムフフな1

 

 

さわら

 

 

 

 

食べた瞬間に懐かしさを感じた

 

 

郷愁なのか昭和なのか

 

 

誰にでもあるあの時を感じたお寿司

 

 

不思議

 

 

えび

 

 

 

 

歯応えのあるエビ

 

 

エビ全般に言えるが美味いと思うことが少ない、完全に好みなんだけどね

 

 

うに

 

 

 

 

溶ける溶ける溶ける

 

 

始まったと思ったらすぐドロンしちゃうみたいな奇想天外な味

 

 

癖もえぐみもなく非常に食べやすくて美味い

 

 

絶品

 

 

くろむつ

 

 

 

 

追加の1

 

 

淡白さの中に白身の良さがある

 

 

白身って表現難しいよね

 

 

赤貝

 

 

 

 

2021年最高の出会いの赤貝を追加

 

 

食感、風味、味わい、どれをとってもいい

 

 

あっさりめ

 

 

穴子

 

 

 

 

ほどけてなくなる感じがいい

 

 

思わず唸ってしまう美味さ

 

 

玉子

 

 

 

 

こーゆうのだよね玉子ってを形にするをこれ

 

 

安心感がある

 

 

祖父母的

 

 

味噌汁

 

 

 

 

〆にピッタリ

 

 

上川大雪

 

 

スッキリなんだけど雰囲気を残したお酒

 

 

邪魔をしない

 

 

年末の時期ってことなんだろういつもの6000円ランチコースではないが非常に満足

 

 

握り中心にやってもらって2品追加でもお腹がだいぶ膨れた、ボリューム的にもコスト的にも満足

 

 

6000円ランチは1度味わったら病みつきになりそう、シャリの酸が強めなのでその辺は好みがってとこ

 

 

ws

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事